2007年08月20日

タバコ問題の本質

前回の記事にも多くのコメントをいただきました
みなさんコメントありがとうございます
コメントのお返事として書こうかとも思いましたが
コメントとして記載するよりも
記事として、私の意見として書いておきたくなりました



「タバコの煙には有害物質が含まれている」
これは動かしようの無い事実です

ほとんどの人たちは有害物質が含まれているものを摂取することを避けようとします。
ダイオキシン問題のホウレン草、O-157の貝割れ大根、ノロウィルスが疑われた牡蠣などは記憶に新しいと思います。

明らかに有害物質が検出された中国産食品ならいざ知らず
風評被害でしかないと思われる物でさえ多くの人が手を出すのを控えます。

タバコには4000種類以上の化学物質が含まれていて
そのうち200種類は人体にとって有害だと明らかにされています
さらにダイオキシン、ベンツピレンをはじめとして強力な発癌性物質が数多く含まれていることが証明されています。

たとえ金額が高くついても
有害物質が疑われるものの摂取を避ける人たちが
タバコに関してはお金を払ってまで有害物質を積極的に摂取する。

そこにはニコチンによる薬物依存が存在します
タバコ産業によるイメージ戦略・洗脳が存在します
ここでは詳しい記述は避けますが
是非喫煙者の方も調べてみてください
信じがたいこと、信じたくないことがいっぱい出てくるでしょうが
客観的に検証してみてください


「タバコの煙を吸わされたくない」
「私の目の前で吸って欲しくない」
「歩きタバコをやめて欲しい」

有害物質を吸いたくない者として当然の願いです
この願いを喫煙者は『喫煙者批判』といい『ヒステリック』と非難します

我々の願いに対して聞く耳を持たない喫煙者に対しては時には『喫煙者批判』の発言をするのは確かですけどね

反タバコの人たち、タバコの煙を吸いたくない人たちが望んでいることを『喫煙者への攻撃』だとか『喫煙者批判』だなどと論点のすり替えをせずに何が問題なのかをきちんと考えてください

「喫煙者の身勝手な振る舞い」
「日本国家によるタバコ容認」
「タバコ産業の悪徳」
様々な問題があることは事実です

しかし
『タバコに含まれる有害物質を吸いたくない、吸わされたくない、身近な人にも吸って欲しくない』
我々の思いはそこに尽きるのです。
posted by だんちょ at 21:32| Comment(93) | TrackBack(0) | タバコ問題いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の好きなものについて、「ネガティブな」
キーワードで検索すると、見えないものが見えてきますよね。

タバコではありませんが、
僕はお茶が好きで、ある日、お茶ばかり飲んでいて、
体に悪くないのかな?
と思い、「緑茶 害」などなどのキーワードで検索しました。

結果、飲みすぎにより、カフェイン依存があることがわかりました。
以後、飲む量を調整しています。

ただ、喫煙者の人が、同じように、
「タバコ 害」などのキーワードで検索
するかどうか・・・。
「受動喫煙 被害」での検索は、尚更ですね。

タバコへの依存・・・非喫煙者でもタバコの害への認識の甘い人がいます。
やはり、タバコ会社の宣伝・洗脳のなせる技なのでしょうか。
Posted by kaz. at 2007年08月20日 22:17
喫煙容認派の人はどんな意見を言ってるのか気になっていろいろ検索し、読んでみましたが、大半は論理性にかけるもので読む価値はありません。

ところがただひとつここに来ている人に是非読んでもらいたいのを見つけました。

それは「日本パイプクラブ連盟」を検索し、その中の「連載  喫煙コラム」を読んで欲しいのです。
(特に禁煙ファシズム闘争記を書いてる某師の話を)


わたし、正直言って、チカラ抜けました。
評論家だか東大講師か知らないけど・・・こんなので何の博士なのか逆に気になりました。

もうまったくの自分勝手な見解で・・・・多分読めば読むほどタバコより気分悪くなりそうです。

こんな人に反論なんか書いたら、なまじ変に頭がいいだけにすぐに名誉毀損だの言い出しそうで「手におえない人」っていうのが・・・・わたしの正直な感想です。

ここは、コメントを受け付けて無いみたいですが・・・・タバコ好きの無神経な心理状態がとてもよくわかり、ある意味参考になります。


kaz.さんは・・・・・ここを読まないほうがいいでしょう。

それでもあえて読んだなら・・・・感想を聞かせてください。(名誉毀損とやらに触れない範囲で・・・・。書き込んだだけでそんなこと言われたらバカバカしいでしょう・・・・?)







Posted by けんたさん at 2007年08月21日 17:28
けんたさん、こんにちは。

貴殿のご紹介された、喫煙擁護者のサイト、見ました。

科学をまったく尊重しない態度は、論外だな、
と思いました。
禁煙ファシズム、などと主張する人は、
やはり、有害な喫煙テロリストなのだな、との認識を新たにしました。

以前このブログにも書き込ませてもらいましたが、
受動喫煙の有害性は、僕自身も実験で確認しています。
ニコチン中毒患者が「信用しない」統計的方法は使わずに。

実は、私自身も、数学系の研究者と言うことも会って、
統計学の、数学的根拠の乏しい乱用には、心を痛めてきました。

だからと言って、生化学的な実験による、
タバコの煙の有害性の確認が否定されるわけではありません。

彼らパイプ連盟の人たちは、自分に都合の良い事実
だけを掲載しているように思えます。
Posted by kaz. at 2007年08月21日 17:59
「禁煙ファシズム奮闘記」でも、
(タバコに)害はあるに決まってる
・・との記述がありますね。

もちろんそのとおりで、その「害」のうち、
短期的に見て、身体能力の低下、呼吸の抑制、
判断力の低下(これは非喫煙者の場合)
が、「迷惑なのでやめてください」
と、私はよく口にします。

いくらタバコの他に有害なものがあるからといって、
タバコの害自体が否定されるわけではないですしね。

ちょうど、戦争での殺人が罪に問われないからと言って、
テロが正当化されるわけではないのと同じです。
Posted by kaz. at 2007年08月21日 18:11
kazさんのコメ・・・・怒りを通りこしてあきれてる感がありますね。

「病院こそ全域喫煙可能にするべきである」とか「肺がんになりたくなかったらタバコを吸おう」だとか・・・

これがマスコミにも登場することのある「有識者」の言ってることかと思うと・・・・


情けない・・・のひと言につきます。


害は認めつつも、周囲の空気がまるで読めてないって感じだ。

困ったものです・・・・。

Posted by けんたさん at 2007年08月22日 09:33
喫煙を正当化する人は、
いくら「有識者」を名乗っても、
やはり、脳内の神経伝達物質がニコチンで置き換わり、
自力で判断できずに、
ニコチンに判断してもらっているのでしょうね。
きっと。

こういうのを、「認知の歪み」というそうで、
ニコチンによる、脳の器質的変化らしいです。

いつぞやも、新幹線の全面禁煙化の方針を受けて、
その差止請求を裁判所に訴え出た人がいました。
もちろん、棄却されましたが。
その訴えた人も、認知の歪んだ「有識者」なのでしょう。

ひょっとしたら、タバコ業者から、
金品をもらっているのかもしれませんね。
Posted by kaz. at 2007年08月22日 13:36
だんちょ様、はじめまして。

いつもあなたの考えに同感し、うなずきながら読ませていただいています。

私は受動喫煙症があり(職場での受動喫煙が原因)、マスクなしでは恐くて外出できません。わが国の喫煙対策の遅れに憤りを感じ、先日自分が暮らす自治体に路上喫煙対策を望んだところ、担当者(?)から次のような返答があり、このような公務員に自分が汗水垂らして働いて収めた税金が使われているのかと思うと、情けないやら、腹立たしいやらで、今、脱力状態です。

(以下、パブコメなどを通じて市民の意見を聞いて「路上喫煙禁止条例制定」の検討をお願いしたことに対しての返答です。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「路上喫煙禁止条例」制定についてご意見をいただき、誠にありがとうございます。
2002年に、東京都千代田区が「安全で快適な千代田区の生活環境の整備に関する条例」を制定し、区民に対して、公共の場所において歩行中に喫煙について努力義務ながら規制をいたしました。以降、同様の条例等を制定し、路上喫煙に対して規制しようという自治体があることは承知しております。これらの自治体が条例等を制定した目的は、喫煙者と非喫煙者の共存を目指すとしておりますが、条例化により、問題や弊害も発生している一部の自治体もあると聞き及んでおります。
喫煙も含めたマナーの問題については、基本的には市民一人ひとりの心の問題であり、したがって、喫煙者も非喫煙者もお互いを思いやる心をもつことが大切であると思っております。本市では、平成5年8月に、市民総ぐるみでマナー意識の高揚に取り組むため、「マナーをよくする か○ざわ市民会議」を設立し、たばこマナーの向上をはじめ、ごみのポイ捨て防止等マナー啓発活動に取り組んでいるところであります。
特に、平成16年度から、ひ○し茶屋街において、市や地元住民、事業者らが連携し、地域一帯の喫煙規制を実施しております。また同時に、茶屋街入口に喫煙所を開設し、歩きたばこや吸い殻のポイ捨て禁止などの看板を設置し、マナー向上を呼びかけています。
本市といたしましては、条例による規制よりも、まずは、意識の啓発、心に訴える活動を地道に粘り強く押し進めていくことが大切であると思っており、「マナーをよくする か○ざわ市民会議」とともに、今後も一層、市民にたばこマナーの向上を呼びかけてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
○市市民参画課 課長 ○田 ○○(連絡先-○○○ー○○○○ )

-----------------------------------------

この方は喫煙者なのかもしれませんが、市民のために働いているはずの公務員が喫煙者の立場に立って、今さら「マナー」を力説し、JTがやってきた販売促進キャンペーンと同じことを主張しています。
私の意見がこの方で止まってしまう事だけは避けたいので、これからも闘います。

初めてのコメントなのに、長くなってごめんなさい。
Posted by はなこ at 2007年08月23日 09:25
はなこさん、はじめまして。

そこに何度も遊びに行ったのですが情緒があっていい街ですよね。

茶屋街なんて歴史的建造物であり、全域禁煙でいいはずなのに、わざわざ、喫煙所を設けてるなんて知りませんでした。
「良心」や「マナー」に訴えてどうだったかなど・・・・もうとっくに結果は出ているでしょうに。

わたしは(だんちょさんはじめ、ここの住人同様に)もはやその域は過ぎて、法でキチッと縛らないといけないところに来ていると感じています。

ポイ捨てタバコで火事になった例などいくらでもあるし・・・・とにかく「問答無用で外では一切吸うな」がわたしの持論です。


自分さえ気分よければ周囲にどんだけ迷惑かけてもいい・・・・・。タバコだけそれが微妙に許されてるのが我慢なりません。

騒音おばさんが前に逮捕されましたが、タバコを禁止区域で吸ってる人も、もうこれ以上ないというほど周囲に迷惑かけてるわけで・・・・即、逮捕して欲しいというのが私の、希望です。


マナーに訴えてもダメな輩は、法により拘束されて初めて「これはマズイ」くらいは思ってくれるかもしれません。


皆さんは、私のこんな意見、言いすぎって思いますか?

でも私もそのくらい「タバコが、大嫌いです」



だんちょさんの言葉借りて申し訳ありませんが・・・

「タバコなんかこの世から無くなってしまえばいい」


そう思っています。


Posted by けんたさん at 2007年08月23日 10:25
別な話ですが・・・・捨てられたタバコ、あれなんとかならないでしょうかね?

いつも思うのですが・・・・タバコを買う人を登録制にするのです。
買いに来た人の住所や名前をすべて記録して・・・。

で、仕事があろうが何があろうが、駅や道路わきに散乱してる吸殻を清掃してもらうのです。(最低、週1回はしてもらわないと・・・・)


前にこの欄に「自己の責任で喫煙する」とか言ってたかたなんか・・・・・責任が取れるわけだから、真っ先にやってもらいたいです。


「なぜオレがそんなことを・・・?」って言われそうだけど、愛犬家の人だって糞の始末してるでしょう?(してない奴もいるけど)

タバコを愛し、愛するタバコのためなら・・・そのくらいできるでしょうーー??

朝から晩まで人の捨てたタバコを拾い続けて、タバコと触れ合える一日なんて、素晴らしいじゃありませんか?


って・・・実は嫌がらせでも、ギャグって言ってるのではありません。

この世の中には、本当の本当にそうやってそれを仕事としてしてる人たちがいるのです。

わたし、駅で清掃してるおばちゃんと一度だけ会話したことあります。

その人はもちろん、吸わない人ですが・・・「ウチは能が無いさかい、こんな仕事しか、でけへんのや(出来ないんだ)」と言われました。


毎日毎日ひとが捨てたタバコやゴミを拾い続ける・・・・。 喫煙者は人にゴミの始末をさせられるほど、エライ人たちなんでしょうか?
いいえ・・・私にはそのおばさんのほうがよほど「エライ」人だと感じましたが、いかがでしょうか?





ポイ捨てした奴は1年以上、ゴミ拾いさせたら少しはおのれの間違いに気づくか?と思ってます。


こんなのは・・・・マナー以前の問題だ。

Posted by けんたさん at 2007年08月23日 10:49
けんたさん、ありがとうございます。
当地をお褒めいただき、嬉しいです。

闘う元気が湧いてきました!


茶屋街の喫煙所は「ひ○し茶屋街喫煙処」と銘打って、大変立派な施設です。灰皿さえ無ければ町並みにとけ込んだ素敵な建物なのですが。

今年3月の定例市議会において、社民党のある議員が「マナー向上のために行政として積極的に街中や公共施設に喫煙エリアを設置するなど、分煙施策を推進してはどうか」といったとんでもない質問を市長にしていたことを思い出しました。この議員はJTのOBであり、茶屋街の喫煙処をJTの協力を得て設置した人物です。事あるごとに「タバコを吸う人と吸わない人が共存できる社会の実現を」などと主張し、公共施設に喫煙所を設置するように活動していた人物です。このときも勿論、本人と市長には抗議の文章を送ったのですが、なしのつぶてでした。(その後の4月の選挙で落選したようですが。)

当地方の人は、保守的で、よく言えば大人しくおかしいと思っても黙って我慢することが美徳である、といった風潮があります。

でも黙っていては何にも前に進みませんものね。

『タバコの有害物質が含まれていない綺麗な空気を吸う権利は、他人が吸う空気を汚染する喫煙者が主張するいかなる権利にも優越する根本的な権利である』ことを拠り所として、闘っていきます。

けんたさん、これからもよろしくおねがいします。

Posted by はなこ at 2007年08月23日 13:56
はなこさまへ

もういい加減、喫煙者のために税金を無駄遣いするのを、やめろと言いたいですね。

社民党議員さんの「マナー向上のために・・・・喫煙所を設置する」って・・・・全く意味がわかりませんね。はなこさんが問いただしたくなるの、とてもよくわかります。



マナーの向上を言うなら、とにかく内でも外でも一切吸うな、と言いたいです。

吸いたい人は自宅で締め切って一切外に漏れない状況かつ吸った煙を1ccたりとて外に出さないのならいいけど・・・・。

それができるなら「マナーを守ってる」と少し思うかもしれませんが。


保守的な地方でそのような活動をするのは大変なことだと思います。
私は、はなこさんほどの根性がないのでダメですね・・・(笑)
見習わないと。  
Posted by けんたさん at 2007年08月23日 14:24
はなこさん、こんにちは。

喫煙者のマナーの啓発、思いやり。
そんなものがあったら、受動喫煙被害は生じませんね。

よく、アル中の人が、
飲酒をコントロールできれば大丈夫、と口にします。
でも、実際には、飲酒が原因で、多くの問題を引き起こしています。

こういうのを、認知の歪みといいます。

喫煙者・喫煙擁護者もこれと同じです。

実際にできもしないくせに、マナーを守れば大丈夫、
と主張します。

タバコ業者やニコチンに洗脳されているのです。

花子さんのお住まいの町は、
大変素敵なところだそうですが、
行政に携わっている人間の人権感覚がこれでは、
先行きが不安です。

(たばこの空気に汚染されていない)綺麗な空気を吸う権利は、
喫煙の権利よりも上位に位置する。

あなたのおっしゃるとおりです。
Posted by kaz. at 2007年08月23日 18:38
それにしても、
>喫煙マナー向上のために、街じゅうに喫煙エリアを設置する

・・・アホかいな?

それはちょうど、痴漢防止のために、
各列車に一両ずつ、おさわり車両を設けるのと同じですね。

痴漢や喫煙者の歪んだ欲望を助長こそすれ、
マナーの向上・受動喫煙防止のような効果は無いですね。

受動喫煙と共存?馬鹿なことを言わないでください。
痴漢と共存するのと同じです。
通り魔と共存するのと同じです。

迷惑行為と言うものは、取り締まりの対象であって、
共存の対象ではありません。

これからは、喫煙可能な場所を極端に減らすことにより、
人類を有害なタバコの煙から守る時代でしょう。

あ、ちなみに、その痴漢専用おさわり車両には、
ダッチワイフが設置してあります(笑)
女性は入らないように。
Posted by kaz. at 2007年08月23日 18:56
Kazさま、こんにちは。

力強いお言葉、ありがとうございます。

まさに、「アホかいな?」と思われることが、まかり通っています。悲しい限りです。

市民参画課の課長さんからの返答に納得できなかったので、以下の文章を送りました。(とっても長くなりましたが。。。)

---------------------------------------

○田様、
早速のご返信、ありがとうございます。
不明に思った点や、納得・理解できない点がありますので、お忙しいと思いますが、目を通してください。 (ちょっと長いですが)


>これらの自治体が条例等を制定した目的は、喫煙者と非喫煙者の共存を目指すとしておりますが、条例化により、問題や弊害も発生している一部の自治体もあると聞き及んでおります。


*それらの自治体は、まず「市民を受動喫煙の健康被害から守るため」に制定に踏み切ったのではないのでしょうか?
また、条例の制定によって生じた問題や弊害とはどのようなものなのでしょうか?
それは制定されたことによって、良かったと言う市民の意見に優先するものなのでしょうか?


>喫煙も含めたマナーの問題については、基本的には市民一人ひとりの心の問題であり、したがって、喫煙者も非喫煙者もお互いを思いやる心をもつことが大切であると思っております。


*受動喫煙対策が喫煙者のマナーに頼っていてはどうにもならないという現実に直面し、わが国でも遅ればせながら、H15年に「健康増進法第25条」が施行され、またWHOの「タバコ規制枠組条約」にも批准しています。
「喫煙は個人の嗜好の問題だ」、とよく喫煙者(禁煙・卒煙できない人)は言いますし、情けないことにわが国の某厚生労働大臣もそのような発言をされています。(他の先進諸国からは笑いものになっていますが)
タバコの害が明らかであることは世界中でエビデンスが集積されていて、議論の余地はありません。
タバコの有害物質が含まれていない綺麗な空気を吸う権利は、他人が吸う空気を汚染する喫煙者が主張するいかなる権利にも優越する根本的な重要な権利なのです。



>特に、平成16年度から、ひ○し茶屋街において、市や地元住民、事業者らが連携し、地域一帯の喫煙規制を実施しております。また同時に、茶屋街入口に喫煙所を開設し、歩きたばこや吸い殻のポイ捨て禁止などの看板を設置し、マナー向上を呼びかけています。


*「ひ○し茶屋街」における対策(?)については、以前市の広報誌で知りましたが、JTからの寄付(?)であのような立派な設備を金○市を代表する観光地に作ることに怒りを感じ、当時の議員の「出○○夫氏」と「市長へのメール」にて苦言を発しさせて頂きました。(どちらからも返答はなし)
多くの人が訪れる観光地において、喫煙を奨励するかのごとき立派な喫煙所を設置したことは、金○市のタバコ問題に対しての認識の甘さを露呈しています。
また、観光地も受動喫煙対策を行っていくには大切なところですが、普通に生活している一般市民の健康を第一に考えていただきたいです。


>本市といたしましては、条例による規制よりも、まずは、意識の啓発、心に訴える活動を地道に粘り強く押し進めていくことが大切であると思っており、「マナーをよくする か○ざわ市民会議」とともに、今後も一層、市民にたばこマナーの向上を呼びかけてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。



*これではまるでJTの回し者ですね。
吸う者と吸わない者が共存できる「マナー」が大切だという考え方はこれまでタバコ産業が最も力を入れてきた販売促進キャンペーンの一つです。
マナーに期待していては、市民の健康を守れません。
この問題については、すでにフィンランド、アイルランド、ニュージーランド、ウルグアイ、カリフォルニア州などで「法的強制力のない自主規制措置では市民の健康を守ることはできない」という結論に達し、受動喫煙禁止法令を制定しています。

私事ですが、「受動喫煙症」があって、タバコの煙や有害な成分を浴びることによって様々なアレルギー症状が出現します。気管支の症状が酷くなると、命の危険さえ感じることもあります。外出するときは専用のマスクをしていなければ、いつ他人のタバコで被害に遭うかわかりません。
なぜ、他人の吸うタバコの煙をあびせられなくてはならないのでしょうか?

わが国の喫煙対策は、他の先進国にくらべてはるかに遅れています。
国によるタバコの専売制度を長くとってきたため、現在でもタバコ販売に対する国の関与が大きく、それがわが国のタバコ対策を大きく遅らせる原因となっています。政官業がスクラムを組んでがっちりとタバコを守っている現状を市民が知って、それを強く批判していかない限り、タバコ問題の根本的解決はできません。

本当に市民・県民の健康を考えていくか or 国の言いなりになって何とかの一つ覚えのように「マナー」を叫び続けるか、自治体によって大分差が出てきていますね。
残念なことですが、トップの認識によるところも大きいのでしょう。

国の場合もそうですが、トップダウンを期待できない自治体はボトムアップしかないので、私も地道に活動していきます。

喫煙者もタバコの被害者です。と言うか、一番の犠牲者です。
「タバコを憎んで、喫煙者を憎まず」をモットーにしていますが、少々キツイ文章になったことをお許し下さい。

なお、受動喫煙対策に関しては、金○市の健康に関する課で対策が進められていることと思いますので、今回の苦情について是非担当の課の担当者にもご報告いただきたく思います。

----------------------------------------

怒りのパワーで一気に書いたので、支離滅裂な点もありますが、少しでもタバコの呪縛から解き放たれていただきたいと思って送りました。



Posted by はなこ at 2007年08月24日 11:07
昨日宝塚南口近くの和食屋さんで帰り間際にタバコを吸いだした客がいました。

支払いの際に 「ここは、禁煙では無いのですか?」と聞いたら「あ、お客さん、吸ってもいいんですよ、吸っても」と言われました。

「いや、そうじゃなくて、禁煙では無いのですか」と言いなおしましたが。。。

飲食店の喫煙、周囲にタバコのダメなヒトがいるかもしれないのに、なんで吸うんですかね?

なんで自分達だけが「吸っていい」と思えるのか本当に不思議。

そりゃ、確かに今は店のオーナーの裁量に任されてます。
いったい、あの法律はなんなんでしょう?

「まあ、注意してください」程度の法律なんでしょうか。

「注意しません」っていわれたら・・・・いったいどっちに分があるのかわかりませんね。

警察が来てもおまわりさんが「吸う」ひとだと、「そのくらい許してあげなさい」になりかねないし・・・。

あんなどっちつかずの法律は意味がないと思いませんか?

Posted by けんたさん at 2007年08月26日 17:25
けんた様、こんにちは。

仰る通り、あの法律は何のためにできたのでしょうかね?国民の健康の維持・増進をはかるための「健康21」の一環で作られたのでしたよね。

よどんでいたタバコ対策が、ここに来てようやく動き出したのに、それを阻止しようとしているのが、日本政府ですもの、情けない国です。

2004年に「WHOタバコ規制枠組条約(FCTC)」に締結しておきながら、先月バンコクで行われた「FCTC第二回締結国会議」において、政府の代表団(外務省、財務省、厚生労働省)がまたイチャモンを付けたそうです。日本以外は良識のある代表が参加していたため、各国からの反対・抗議にあって、わが国の代表団は「受動喫煙防止ガイドライン」に渋々同意し、全会一致でガイドラインが採択されました。

このガイドラインによって締結国は2010年までに「屋内完全禁煙」の措置を行わなくてはいけなくなりました。これでやっとわが国も真の意味での受動喫煙対策が進むと喜んでいたのもつかの間、、、何と、厚生労働省の担当官が「これらは国どうしで取り交わしたものでなく、議定書でもなく、ガイドラインなどは国に義務を課するものではない」とのたまったのです。
○っこさんではないけど、開いた口から万国旗がピューと飛び出しそうになりました。

情けない国です。

「日本禁煙学会」の方がたも厚生労働大臣に対して、アクションを起こしていますが、国民の健康よりタバコの税金に目のくらんだ大臣には、何も期待できそうにありません。
願わくば、次の大臣が普通のまともな方でありますように。。。。。

Posted by はなこ at 2007年08月27日 12:09
先日神戸市の繁華街周辺が路上喫煙禁止になると言う話が、新聞にでてました。

この条例全国各地で徐々に増えてきてますが・・・・どこはよくて、どこはダメじゃなく、なぜ全国一律に路上喫煙禁止にしないんでしょうかね?
こういう条例が出来て、罰金が科せられるということ自体、すでに喫煙の違法性を認めているようなものではないでしょうか?

後退してないだけマシかもしれませんが、そろそろ、喫煙に関して麻薬同様の法的な規制が必要な時期に来ている感がしますね。
Posted by けんたさん at 2007年08月30日 16:21
けんたさん

まさにけんたさんのおっしゃるとおりだと思います。
路上喫煙防止を法律化すべきです。

公共の場はもちろん、自宅の換気扇や窓からタバコの煙を外に出すこと、自宅のベランダやビルの屋上でタバコも禁止するべきです。

タバコを吸いたいのなら、自宅にこもって、窓も開けず換気扇も回さずに吸うべきです。
どうしても煙が嫌なら、自分で空気清浄機でも購入して自分で出した煙を自分で始末すべきです。

喫煙者は甘ったれ根性なヤツばかりでムカつきます。
Posted by 刹那 at 2007年08月31日 14:18
スイレン これまで住民ら 海兵隊 したなどと この判断により 和ブログ傘 どんぐり 民間人は今年 リボンは取り外し可能です 対立が絶えないユダヤ教
Posted by 昨日と今日と at 2007年08月31日 22:24
けんたさんへ、

 「連載  喫煙コラム」みました。
 感想としては、あなたの健康のことはどうでもいいです。勝手に吸ってかまいませんけど、自分が出した煙はちゃんと回収してください、近寄らないでください、風上にはいないでくださいといったところですね。

 私は、あの煙の臭いと刺激、そして、その歯茎の腐ったにおい(たいてい歯槽膿漏になっているから)が耐えられないだけですので、その点くらいは考慮してください。

 それだけです。
Posted by うつな嫌煙家 at 2007年09月05日 23:01
うつな嫌煙家様へ 
はじめましてー!  いやぁ・・・読んでいただきましたか?
とても面白いコメントに大笑いさせていただきましたー!!

ってか、このコラム、ギャグならいいのですが、愛煙家が大真面目に、しかも社会的な地位のあるヒトが書いてるところが、とてもいいのです。

下のほうまで読んで頂けたか不明ですが、「こんな考えで喫煙を正当化しようとしてるのか?」っていうのが伺え、ある意味喫煙家の考え方がよくわかります。

最近神戸市に続き芦屋市も路上喫煙防止条例が制定され、先日罰金徴収第1号が出た、と新聞に報じられてました。

このコラムの先生、こういう流れを何と受け止めてるのでしょう。。。

そこまでして、吸いたい?って思うのですが。

また、意見を寄せてください。(失礼!だんちょさんにかわって言わせてもらいました)
Posted by けんたさん at 2007年09月06日 14:18
最近JTのCMを見ると気になるのですが・・・

街中を流し撮りした風景を映しながら「あなたが気づけばマナーが変わる・・・?」(でしたっけ?)って言ってるアレですが・・・。

携帯の灰皿をつけて歩いてるところや、それに吸殻をいれてるところ・・・・。そーしたら、かっこいいって言いたいようにもみえますが?

正直、だから何?って感じですが。

「歩きタバコは他人の服を焦がしたり、子供の眼の高さでもあって危険!  外ではヒトの迷惑になるので絶対吸わないように」って言うほうが、喫煙者にわかりやすいと思いません?

歩きタバコで迷惑してると言う意見が多いから、あんなCM流してるんじゃないですか?

だったら、はっきり、そう言えと。

マナーがどうのこうのじゃなくて、はっきり「止めろ」と。理解力の無い?喫煙者にもわかりやすく言った方がいいでしょう?

しかもあのCM、嫌煙者や子供が嫌がってるような顔はでませんね?

意図的にそうしてるとしか思えませんが、・・・・どう思いますか?

Posted by けんたさん at 2007年09月07日 11:30
最近JTのCMを見ると気になるのですが・・・

街中を流し撮りした風景を映しながら「あなたが気づけばマナーが変わる・・・?」(でしたっけ?)って言ってるアレですが・・・。

携帯の灰皿をつけて歩いてるところや、それに吸殻をいれてるところ・・・・。そーしたら、かっこいいって言いたいようにもみえますが?

正直、だから何?って感じですが。

「歩きタバコは他人の服を焦がしたり、子供の眼の高さでもあって危険!  外ではヒトの迷惑になるので絶対吸わないように」って言うほうが、喫煙者にわかりやすいと思いません?

歩きタバコで迷惑してると言う意見が多いから、あんなCM流してるんじゃないですか?

だったら、はっきり、そう言えと。

マナーがどうのこうのじゃなくて、はっきり「止めろ」と。理解力の無い?喫煙者にもわかりやすく言った方がいいでしょう?

しかもあのCM、嫌煙者や子供が嫌がってるような顔はでませんね?

意図的にそうしてるとしか思えませんが、・・・・どう思いますか?
Posted by けんたさん at 2007年09月07日 11:34

最近JTのCMを見ると気になるのですが・・・

街中を流し撮りした風景を映しながら「あなたが気づけばマナーが変わる・・・?」(でしたっけ?)って言ってるアレですが・・・。

携帯の灰皿をつけて歩いてるところや、それに吸殻をいれてるところ・・・・。そーしたら、かっこいいって言いたいようにもみえますが?

正直、だから何?って感じですが。

「歩きタバコは他人の服を焦がしたり、子供の眼の高さでもあって危険!  外ではヒトの迷惑になるので絶対吸わないように」って言うほうが、喫煙者にわかりやすいと思いません?

歩きタバコで迷惑してると言う意見が多いから、あんなCM流してるんじゃないですか?

だったら、はっきり、そう言えと。

マナーがどうのこうのじゃなくて、はっきり「止めろ」と。理解力の無い?喫煙者にもわかりやすく言った方がいいでしょう?

しかもあのCM、嫌煙者や子供が嫌がってるような顔はでませんね?

意図的にそうしてるとしか思えませんが、・・・・どう思いますか?

Posted by けんたさん at 2007年09月07日 11:44
すみません・・・間違って2回書き込んでしまいました・・・。
Posted by けんた at 2007年09月07日 11:47
けんたさん、仰るとおりです〜!

JTのCMは、明らかに国際的な条約である「FCTC」違反です。

喫煙者は何かにつけ「吸う権利」を主張しますが、私に言わせれば、他人の健康を脅かしておいて何をかいわんや!!です。
喫煙者に権利はありません。仕方なく許可してあげているだけなのに、携帯灰皿などもってのほかです。私はニコチン中毒患者でございます、と看板をぶら下げて歩いているようなものです。
Posted by はなこ at 2007年09月07日 17:18
はなこさんのコメはいつも、理路整然とされてて、勉強になります。

すごい、よく「相手」を研究されてるなって思います。  私なんか、ただ目の前の相手にほえてるだけで、はなこさんのようにもっと大きな相手に向かっていかないとダメですね?

喫煙行為は個人を攻撃するだけではダメだ、と感じます。
普遍的にその有害性を知らしめるには、はなこさんのように行政を相手にしていかねば、と思います。

喫煙(患)者が禁煙したいと病院にいけば、立派に保険治療の対象になっているのに、その有害性を認めつつ、販売は禁止しないなんて、本当におかしいですよね?

はやく、タバコの煙の無い世の中が来ますように。


Posted by けんた at 2007年09月10日 19:02
けんたさん、こんにちは。

本当に「タバコのない世の中」になって欲しいですね!

私の父はヘビースモーカーでした(ショートピースの缶入りを吸っていました)。幼い時にタバコの煙で器用に輪っかを作ってくれ、それを見て喜んでいたことを鮮明に覚えています。動脈硬化が進み、脳梗塞などを発症して、禁煙せざるを得ませんでしたが、高齢となり痴呆も進んだ父の姿を見る度に、タバコの恐ろしさを痛感します。

最初に勤めた病院で、受動喫煙の害に遭いました。男性事務員が全員チェーンスモーカーで、事務所内は常にタバコ煙が充満していました。その頃は、受動喫煙の健康被害など主張しようものなら、変人扱いされるような時代で、私も命を守るために退職しました。

その後、「呼吸器・循環器病棟」に長く勤務したのですが、タバコが原因で病気になり、苦しみぬいて亡くなっていった多くの方を見て、初めは絶望しかありませんでした。
しかし、一度っきりの大切なその人の人生がタバコでメチャクチャにされるなんて、おかしい!と思い、タバコ問題に取り組み始めました。
といっても、何もできない自分に落ち込み、鬱状態になった時期もありましたが。

ネットを通じて、私と同じような思いで頑張っていらっしゃる先輩が多くいることを知り、自分にできることからやっていくことを決心しました。

決して理路整然なんてしていませんよ。頭に血が昇ると自分を抑えられなくなっています。(これは、単におばちゃん症候群?)

自分が受動喫煙症で「タバコ探知犬」になれそうな位敏感なので、いろんな施設や店舗を利用した時は、とりあえず「健康増進法」に違反していないかをチェックします。ほとんどの施設が名ばかりの分煙対策しかしていないので、受動喫煙の健康被害や効果的な対策について、お知らせします。半数ほどは、すぐに改善策を打ち出して実行してくれます。が、自治体はなかなか手ごわいですね。県民・市民のことを考えていないことがはっきり解ります。開いた口がまたまた塞がりません。

まあ、国民の健康よりも税収確保が優先される情けないわが国ですもんね。「美しい国」が聞いて呆れます。

しかし、良識ある方々の努力で、少しずつ前進してきています。「FCTC」に締結し、受動喫煙防止に向けたガイドラインを採択したのだから(日本は最後までイチャモン付けていたが)、必ず守ってもらわなくてはならない。

多くの人にタバコの正体を知ってもらい、犠牲者が一人でも少なくなるように、できることからやっていきましょうね。目の前の相手にほえることは、とっても勇気のいることですよね。私もおばちゃんパワー全開でがんばりま〜す!
Posted by はなこ at 2007年09月11日 11:37
はなこ様へ

私の父も酒タバコ共にすごくて、子供のときからそれがイヤでたまりませんでした。
両方がたたって?かすでに他界してますが、癌の宣告が下ってからはピタッとやめました。何で早くにやめないんだ?って思いましたが。

喫煙者が多くて退職された話・・・・ちょっと前までよくありましたね。
事務所のドアを開けたらムアーッと煙が充満してて・・・・・。
おまえら、よくこんなとこにいるなーって思ったものです。

そのときそこにいたら「はなこさんが悪いんじゃない。職場でタバコ吸ってるあんたらが悪い」って言ってあげたのに。

前もこの欄に書いたけど・・・・・レストランとかで「香」を焚いたらどうなるでしょう?

テーブルに何個も並べて火をつけるのです。
なるべくきつい臭いのヤツを・・・・。

つまみ出されるか、やめなかったら警察に通報されるかも・・・。

タバコはそれと全く同じかそれ以上に悪い行為です。
線香などの「香」は・・・・まだタバコほどの害は無いでしょう。

タバコは害のかたまりです。

それのせいで人の進路や生活が狂わされるなんて絶対おかしいです。

はなこさんの「タバコ探知犬」・・・これメチャおかしいですねー!
どっちがよりするどい嗅覚持ってるか、今度勝負しますか〜?    (笑)

わたしも人ごみでタバコ吸ってる人がいると、どこにいるかすぐ見つけることが出来ます。

そして暗に止めて欲しいような眼でジロジロ見てます。

そういう人たちは、そういうふうな目で見られることで少しは気づいてやめたらいいのに、って思うけど「あなたが気づかないので、マナーもよくなりません」って感じです。

次の段階として条例ではなく「健康増進法」にもっと強制力と罰則規定をもたせて欲しいと切に願ってやみません。





Posted by けんた at 2007年09月11日 18:01
けんたさんのご意見に一票!

結局、タバコ、とりわけ受動喫煙の問題は、
強制力が無いと、解決しないと思われます。
健康増進法ではなく、タバコ取締法に
名実ともに改正するべきだと思います。
Posted by kaz. at 2007年09月11日 19:01
けんたさんのご意見、お見事です。

私も、タバコの臭いにすごく敏感で、多分、100メートル離れたところでも感知できるのではないかなんて思ってます。

私は、この夏、ウチワを持ち歩いてると、路上喫煙者に向かって露骨にパタパタあおいでました。
べつに、私のやってること、悪いことじゃないですよね。
タバコの煙がこっちに来るのが嫌だから、「あっちへ行け!」ってやってるんですから。

ましてや、私は、ベビーカーで赤ちゃん連れです!
赤ちゃんの健康のことも少しは考えて欲しいものです。
受動喫煙で乳幼児突然死症候群になったりすることもあるんですよ。

kazさんのおっしゃる「タバコ取締法」にも大賛成です。
だって、私の住む川崎市は、条例作っただけで、指定重点区域以外は野放し状態なんですから。

ほんとうになんとかしてもらいたいですよね><
Posted by 刹那 at 2007年09月11日 22:08
一番、頭を悩ますのが、「親しい人がタバコを吸うとき」です。

僕の場合、友人が僕の前でタバコに火をつけるときには、
「悪いんだけど、僕はタバコの煙に弱いので、
遠慮してくれない?」
と言います。
特に閉鎖的な空間の中では。

だんちょさん、けんたさん、刹那さん、はなこさん、
ほかの「嫌煙家」のみんなは、どうしていらっしゃいますか?
Posted by kaz. at 2007年09月12日 04:09
kazさんも刹那さんにも100票!  (笑)

取締法・・・・本当にそれが必要です。

刹那さん・・・うちわパタパタ、それ隣でされたら私ならなぜそうしてるか、わかりますよ。けど、喫煙者は鈍感?なのかわからない人が多いのが悲しいとこ。
100円ショップで扇風機売ってるのでそれを喫煙者の耳元で回してあげるとか・・・。あ、でもコレじゃ、相手が涼しいだけでこっちはメリットないですね、困った、困った。 また解決策考えましょう。

kazさんのご質問・・・・・実はこれを言われると、痛いですね。
いつか誰かが言うんじゃないかと思ってましたが・・・。

私の場合・・・父は高校生のときは怖くて「タバコやめてくれ」ととても言えませんでした。見かねて母が「子供の前で吸わんときっ!」っていってくれてましたが。
子供にとって親は幾つになっても親、体力的に勝る年齢になっても怖かったです。

しかし、上に書いたように癌の宣告がされたときに「タバコ、もう止めや。」と言ったら、何も言わずにうなずいたのをいまだに忘れられません。
アレも止め、コレも止めと医者に言われて落ち込んでたときにさらに息子に言われた父の心境はどんなもんだったか・・・。


今も身内の集まりの時にはkazさんのように、「一番頭を悩ます」ところです。
この問いに自信を持って「こうしたらいい」というものが・・・・残念ながらありません。
Kazさん同様、皆さんがどうされてるか・・・私も知りたいです。

Posted by けんた at 2007年09月12日 09:50
イギリスで初めて「受動喫煙禁止法」が制定されたスコットランドで、実施後1年で心臓疾患で入院する人が17%も減少したそうです。

わが国以外の先進国は、受動喫煙の健康被害を重く受け止め、意味のある対策を打ち出し、その成果がはっきり現れてきています。

「メタボ、メタボ、」と大騒ぎのどこかの国にも少しは見習って欲しいです。


kazさんの「親しい人が・・・」について。

極端なことを言えば、親しい人の中には喫煙者はいません。と言うか、喫煙する友達と会うことを避けてきたので、自然消滅のように友達がいなくなってしました。

家族で喫煙する者がいましたが、私のことを思ってきっぱりと禁煙を達成しました。いまでは、私以上にタバコ批判が強烈です。

それに、受動喫煙症(化学物質過敏症に達していますが)のため、喫煙可能な場所には近づけないので、飲み会のお誘いなどもほとんど断っています。職場の歓送迎会などにも、なんだかんだ理由を付けて不参加です。社会人として、失格なのかもしれませんが、命に係わるので、今では開き直っています。

本来なら、親しい人、大切な人には、卒煙できるように勧めてあげるのが、理想でしょうが。

殺那さんの「うちわ作戦」、私もやればよかったな〜。マスクだけより効果的だね。今からの季節、うちわはちょっと変かな?バッグに扇子を忍ばせておいて、歩きタバコを追い越しながらパタパタしてみよう、っと。


Posted by はなこ at 2007年09月12日 10:07
はなこさんへ。

受動喫煙症、心痛をお察しします。
確かに、タバコを吸う人には近寄りたくはありませんね。
僕の場合は、喫煙者の風下に立たなければ
とりあえずの被害は免れるわけですが、
知らないうちに煙を吸い込んでいるかもしれません。
僕よりも敏感な方ならば、尚更ですね。

僕も喫煙可能な場所には、極力近寄らないようにしています。

けんたさんへ。

喫煙者は、自分の身体が、取り返しのつかないような
状態になってからじゃないと、タバコの問題と向き合えないのかもしれませんね。

タバコの煙には、有害物質が含まれている。
それを吸い込むと、健康を害する。

こんな簡単なことが、なぜ分からないのでしょう?

だんちょさんの言葉を借りるようですが、
タバコの煙は吸いたくないし、
親しい人にも吸ってもらいたくないです。
一日も早く、タバコがなくなることを祈ってやまないです。

あと、喫煙者に、たばこを吸わないで欲しいことを要求する際には、
「すみませんが」「悪いんだけど」の一言を入れたほうが良いでしょう。
これは、謝罪の意味ではなく、礼節上、
「excuse me」の意味で。

私たちは喫煙の有害性を知っていますが、
喫煙者は認知がゆがんでいて(皮肉の意味でなく)、よく理解していないからです。

「タバコの煙が不愉快なので」よりは、
「私はタバコの煙に弱いので」のほうが良いでしょう。

喫煙者の人に自分の前で喫煙を止めてもらうのは、
一種の交渉です。
ケースバイケースですが、相手の非を指摘するより、
自分の窮状を訴えたほうが、効果があります。

以上、このようなことは、皆さん分かっているかもしれませんが、
思いつくままに書いてしまいました。
Posted by kaz. at 2007年09月12日 18:45
フロンは発明されたとき「今世紀最大の発明品」とも言われました。
アスベストも「夢の断熱材」とまでいわれた時期がありました。

今使用が禁止された理由は、あとになって有害性があることがわかったからです。

これらにかかわらず、出来たときや発見されたときが良くても後になって使えなくなったものはたくさんあります。
食品添加物なんかも・・・・。

タバコは・・・今まで科学的に分析されなかった時代は「害がわからなかった」で、よかったでしょう。

しかし、このテーマの冒頭にだんちょさんが書かれてるように、現在有害性がわかっている物だけで200種類以上もあるとか。

原始未開の時代ならともかく、こんなでたらめなものが公然と税までかけて売ってること自体、すでに憲法違反ではないでしょうか?

麻薬は中毒により大きな犯罪の元になっているので取り締まるけど、タバコはそこまでじゃないから、ま、我慢しとけってことでしょうか?

冗談じゃないぜ、まったく!

裁判をしても、国の息のかかったような人が裁判官としてでてきたら・・・・勝訴は難しいでしょう。

「有害であり、販売を差し止める」って判決、出せるくらいの裁判官、いませんかね?
業界の反発があろうが権力の介入があろうが、裁判所はそれらに左右されてはならない最後の砦のはず。

国の思うような判決ばかり出たとしたら・・・戦前の「警察国家」みたいで・・いつ又戦争とかに駆り出されないとも限りません。

って思うのは・・・・考えすぎでしょうか?

タバコは・・・すでに受容の限度を超えています。



いったいこの国はどうなってるんでしょう?



Posted by けんたさん at 2007年09月13日 10:06
けんたさん、こんにちは。

昨日の東京地裁での「タクセン訴訟」、敗訴しましたね。
受動喫煙が原因で狭心症、喉頭癌を発症したタクシードライバーが「東京タクシーセンター」を相手に起こした裁判でした。

まだ詳しい内容は、わかりませんが、安井さんの健康障害もタクシー乗務中の受動喫煙によるものとは認められず、タクシーセンターについても原告の主張が認められなかったようです。

「禁煙タクシー」への動きが大きくなっていますが、タクシーなどは禁煙が当たり前でしょう。
健康増進法ができて、もう何年経っていると思っているの!!もういい加減にして!!

安井さんは喉頭癌の手術を受けられて、ご自分の思いをお話できなくなっているようです。
さぞや、無念でしょう。

自分の保身しか頭にない、議員や官僚や公務員。

本当に「いったいこの国はどうなっているのでしょう?」
Posted by はなこ at 2007年09月13日 11:59
この国の行政は、タバコ被害を軽く見ていますからね。
実際に、被害をこうむったと言っても、決してそれを認めないのでしょう。

権力と言うものは、恐ろしいものです。
黒いものでも白といえば、白として押し通すことができるのですから。

タバコのように、「どす黒く」汚れた商品が出回っていること自体、
この国の行政担当者に教育を施す必要があるという証拠です。

私たちは、タバコの被害を免れるために、相当苦心を強いられます。
平成の時代に入ってから、大阪のほうの裁判で、
受動喫煙の被害について争ったものがありました。
結局、受動喫煙の被害は認められなかったわけですが、
その裁判では、喫煙の権利は綺麗な空気を吸う権利よりもずっと格下で、
受動喫煙は、受忍限度外であることが認定されたのです。

被告側が受動喫煙を防止するための具体策を提供したため、原告は控訴しなかったわけですが、
私たちは、もっと大規模な訴訟活動を起こす必要があるのかもしれません。
Posted by kaz. at 2007年09月13日 19:38
3連休だった方、満喫されましたか?

私は趣味のスポーツの大会で神戸に行って来たのですが、またしても有り得ないような受動喫煙被害に遭ってしまいました。

有名な大ホールなのですが、「全館禁煙」と言っておきながら、何と館内に立派な灰皿を設置した「喫煙所」があったのです。周囲には有害なタバコ煙が充満していました。

「何故だ!?」と思い管理のおじさんに聞くと、主催者の意向で...との返事のみ。
そのおじさん、初め私が文句を言いに来たとも知らず、「そこで吸えますよ」とニコニコと自慢げに言うんですよ。唖然!!

無駄だとは思ったのですが、施設の管理・運営をしている以上、「健康増進法」や「タバコ規制枠組条約」を守らなくてはいけないことを説明して帰ってきました。

何のために神戸まで行って来たのかな?と、自分でも苦笑です。

この大会は、中国、韓国からも選手・関係者が参加していたのですが、日本の恥ずかしい面を見せてしまいましたね。

今日改めて、ホールの管理者と大会主催者に、受動喫煙対策をするように文章で申し入れしたことは言うまでもありません。
Posted by はなこ at 2007年09月18日 13:08
はなこさん、こんにちは。

主催者の意向で、受動喫煙の容認ですか・・・
タバコ業者は、さぞ喜んだことでしょう。

>そこで吸えますよ
愚かな一言だと思います。

恐らく、その主催者は、認知能力が歪んでいるものと思われます。

タバコの煙も有害ですが、それを他人に吸わせる人も有害ですね。
Posted by kaz. at 2007年09月18日 16:04
ご無沙汰な中、突然失礼します。
とんでもないニュース見つけたもので;;

http://news.livedoor.com/article/detail/3311101/

大学教授が、煙草の害なんて無いだの、
挙句の果てには、禁煙運動が権力による
いじめ発言までしています。

権力によるいじめ行為は、吸う側ではないのか?
という疑問というか、怒りしか…

いずれにせよ、こういう馬鹿が排除されない限り、
問題は一向に解決しない気がします。

恨みを買うだけという意味では、
結局は双方の利益にもならないともいえるのに。
Posted by やすっち at 2007年09月18日 21:57
やすっち様、こちらでは「はじめまして」ですね。(待ってましたよ!!)

文藝春秋の記事、現物は読んでいませんが(読むときっと吐くので)、この対談をしている両氏は、救いようのない○○です。

タバコ会社からのどれだけの金を貰ったか知りませんが、金の為ならどんな嘘でもつき、国民を欺けるようです。まさにこれまでのタバコ戦略そのものです。
こんな○○どもが、文化功労者として表彰されたり、文化人としてチヤホヤされたり、あ〜情けない!
何を言おうと勝手なのかもしれませんが、「中教審会長」がこのような非科学的な発言を堂々とされるなんて、わが国の教育界は大丈夫?

このようなタバコ会社の飼い犬達(ワンちゃんに失礼だね、ゴメン)が、大きな顔をしてマスコミに登場できるのもあとわずかだと思いたいです。

この問題が大きく報道され、多くの国民がタバコの真実を知ることに繋がるといいのですが。
Posted by はなこ at 2007年09月19日 11:01
やすっちさん、はじめまして。

僕もそのニュース、見てきました。

タバコの煙の有害性に、根拠が無いって、どういうことなんでしょうね?

ダイオキシンの有害性に、根拠が無いということでしょうか?
一酸化炭素の有害性に、根拠が無いと言うことでしょうか?
ベンツピレンの有害性に、根拠が無いと言うことでしょうか?

毒性学の結果を認めない、と息巻いているだけのような気がしますが・・・
Posted by kaz. at 2007年09月20日 10:34
こちらこそよろしくお願いします。

そういえば、煙草業界の毒牙は、リアヨロという世論サイトにも及びました。あちらでたばこ問題の議論をしていたら、ユーザー投票の結果と思われますが、突然アクセス禁止にされてしまいました。

我々受動喫煙に苦しんでいる人にとっては、リアヨロのこの暴挙を断じて許してはならないと思います。

酷い話です…
Posted by やすっち at 2007年09月20日 21:58
やすっちさん、こんにちはー、はじめまして!

最近またJTが意味の良くわからないCM流してますが、ご覧になられましたか?(休日に地区の清掃活動かなんかに参加してるみたいなやつのことです)

こう言ってはなんですが、男性の嫌煙派はありがたいです。男はタバコを吸うもの、とか思ってる人って結構いるので。

私も皆さん同様とにかく一日も早くタバコという、ただ害をまきちらし、周囲に迷惑をかけているだけの厄介者がこの世からなくなって欲しいと願う一人です。
また、あなたのところものぞかせてください。




Posted by けんた at 2007年09月26日 15:30
みなさん、こんばんは。
喫煙者が良く口にするせりふについて、考えてみます。

「迷惑はお互い様」

だとしたら、迷惑な喫煙者は、頭から水をかけられても、文句は言えませんね。

「どうせ遅かれ早かれ死ぬんだから」

こんな言い訳がとおるならば、人を殺しても、このセリフで正当化できるでしょう。

「タバコのほかにも有害なものがある」

だからといって、タバコが無害になるわけではありません。

「喫煙は合法」

善意・無過失の者を受動喫煙の危険にさらす行為は、不法行為です。
さらに、肉体的に健康を害させれば、損害賠償の対象になります。

「喫煙は自己責任」

受動喫煙被害者に対して、喫煙者の責任能力はゼロです。

などなど、今回は、ここまでにしておきます。
Posted by kaz. at 2007年09月27日 01:37
>けんたさん

喫煙に限らず、男性はこうあるべき、という脅迫概念が嫌いというのもありますね。

周りが押し付ける、男らしさに従うことは、心が弱いだけです。

それを男らしさというのなら、男らしさとは、意志が弱くて情けない弱虫という意味だと私は捉えていますね。

テレビは全然見ないので、CMについては、特に分かりませんが、ボランティアを悪用するJTなら、やりそうなCMですね。
Posted by やすっち at 2007年09月27日 03:18
私はこれまでに長年にわたり、職場などで受動喫煙の被害に遭い、受動喫煙症になったことは前にも書きましたが、一番恐れていたことが自分の身に起きてしまいました。

人間ドックで引っ掛かり、精密検査の結果「乳がん」と診断されました。原因はいろいろあると思いますが、受動喫煙の健康被害の中に乳がんもあり、特に閉経前の女性への影響が大きいという調査結果があるようです。

健康と動物の命を尊重するために、肉食は一切せず、なるべく添加物の摂取を避け、定期的に運動し、肥満とは縁遠い体型です。健康で長生きすることを目標に取り組んできました。

「タバコ」・・・どこまで私を苦しめるのでしょうか?それだけが原因ではないでしょうが、「タバコ」の正体を知ってしまったため、尚更辛いです。
とにかく、私のような犠牲者がこれ以上増えないためにも、どこまでできるかわかりませんが、これからも闘っていきます。

皆さんの勇気を少しだけ私に与えて下さい。
お願いします。
Posted by はなこ at 2007年10月04日 16:31
はなこさんへ。

ご愁傷様です。
僕も、自分のできる方法で、タバコ問題と戦っていきたいと思います。
基本的に、喫煙者・タバコ業者は、他人の健康など屁とも思っていないので、
その歪んだ有害な考え方から矯正していく必要があると思います。
Posted by kaz. at 2007年10月04日 20:39
刹那さん
はじめまして。
1月前のコメントを今拝見いたしました。

私も川崎市民で、何回か市の担当者とメールでやりとりをしましたが、川崎市の条例は「ポイ捨てとタバコの火が危険である」という観点で成立したそうです。(有害物質をまきちらして危害を加えているという考えは無い条例だそうです)おまけに喫煙者には非常にやさしく、過料を徴収せずに指導してゆくそうです。(ポイ捨て条例もだいぶ経ちますが、過料者は一人もいないそうです。 でもゴミが多くてすごく汚い)

ですから、駅前の人がたくさん集まる場所に囲いもない喫煙場所をつくれるわけです。

条例にも「身体の安全」とありますが、「市民の健康」とは書かれていません。
いまどき時代錯誤もはなはだしい条例と認識しています。

それにしてもJR川崎駅東口を出ると異常にくさくてまともに息を吸い込むことができません。
これが昔工場の公害、今喫煙者の煙害の川崎市の現状です。
Posted by 川崎区がたばこくさくて困っている川崎区の住人 at 2007年10月06日 17:14
川崎区がたばこくさくて困っている川崎区の住人さん

はじめまして。

私も、昨年、市の担当者に直接電話したのですが、やはり同じようなことを言われました。
今回の条例は「タバコの火が危ないから。」ということで、副流煙に関しては、健康増進法の問題だから、と逃げられました。

先日、川崎市の路上喫煙の惨状について朝日新聞の投書欄「声」にメールで投書しましたが、見事に没になりました。

川崎市のことに限らず、みんなで力を合わせて投書してみませんか?

こちらがメアドです。
→tokyo-koe@asahi.com

ここで議論を重ねるよりも、全国紙に訴えた方が変わっていくのではないのでしょうか。

つい数ヶ月前までは、路上喫煙を嫌がる投書を頻繁に見かけたのですが、このところ福田内閣のことなどにおされ気味でまったく見かけなくなってしまったので。
Posted by 刹那 at 2007年10月06日 18:12
ちょっぴり鬱状態のはなこですが、なんとか前向きに生きています。
「がんナビ」で米国でがん死減少が加速しているという記事を読みました。素晴らしいです。がん死の減少の要因は、禁煙指導の徹底etc.と、国立がん研究所などの専門機関が調査結果を発表しています。それに比べて、わが国はがん対策に喫煙率の低下の目標値さえ加えられない、恐るべき国です。国民の健康は二の次の国って??
Posted by はなこ at 2007年10月17日 16:21
会社に分煙をと要求しましたが却下されました。ちなみに社長以下、幹部はみな喫煙者です。下の人ほど吸わない人です。
いつも地獄のようです。

バイクに乗ります。
車の窓から火のついたままのタバコを放り投げるのをやめてください。
前の車から飛んできた火のついた吸い殻が、襟から中に入り火傷したことがあります。
いつも車間を空けるようにしてます。

喫煙者はタバコを吸う権利があるといって話し相手になりません。
タバコの煙にまかれたくないという非喫煙者の権利を侵害してまでも吸う権利だけを主張します。
いつも水掛け論になります。
Posted by まるまる at 2007年10月29日 16:29
 いきなり結論から言ってしまうと、こうしたバカ嫌煙論者たちの最大の間違いは、煙草イコール悪と決めつけてこの世から抹殺しようとしていることである。煙草のどこが、なぜ悪いのか、本当に悪いのかという問題を検討しようともせずに「とにかく悪」として排除しようとするやり方は、ポルノや「有害情報」、また携帯電話などの問題にも見られる、「自分の気に入らないものを問答無用で悪と決めつけて排除したい」という蒙昧な衝動から来ているとしか思えない。そんな主張が暴力以外の手段で相手に受け入れられるわけがないのである。
Posted by 正論 at 2007年11月08日 13:19
 バカ嫌煙論者たちは、主に前者の理由を拠り所としている場合が多い。「健康に悪いものイコール悪」という図式が、考え方によっては一般に受け入れられるものだからだ。だが、これが大きな間違いなのである。煙草を吸って健康に害があるのは、主に本人だ。法律でも許されている煙草を本人が好きで吸って健康を害するなら、それはその人の勝手なのである。他人がそれについてどうこう言う権利はそもそもないのだ。煙草の煙によって吸っている本人以外の健康にも害があるという主張もあるが、いつも一緒にいる家族などならいざしらず、他人がそれを言うのはいかにも説得力がない。むしろ「都会に住んで毎日排気ガスを吸って暮らしてるくせに、よく言うよ」ということになってしまうのである。
 つまり、他人である嫌煙者(家族などの場合はまた違う話になるのでここでは考えない)が喫煙者に対して何か言えるのは、後者の理由においてのみなのだ。言い換えれば、撲滅すべきは煙草による迷惑であって、煙草そのものではないのである。
Posted by 正論 at 2007年11月08日 13:20
被害妄想の喫煙者さんですね。
適当にお相手いたします。


>こうしたバカ嫌煙論者たちの最大の間違いは、煙草イコール悪と決めつけてこの世から抹殺しようとしていることである。

少なくとも私は煙草そのものを抹殺しようとは考えていない。全ての嫌煙者がそう考えていると一方的に決め付けるのは良くないな。私はあくまでも、自分勝手な我侭さが許せないから、そういう喫煙者は抹殺したいとは思うけどね。


>本当に悪いのかという問題を検討しようともせずに「とにかく悪」

受動喫煙が不愉快極まりない、明らかな暴力だ。貴方が食事中に下品極まりない会話を聞かされたり、糞便などの悪臭を放たれたりなどしても、平然といられるほどおおらかな方なら、納得しますけども。


>煙草を吸って健康に害があるのは、主に本人だ。

無知無能にも程がありますね、健康に害があるのは、周りの人間も同様だ。確かに本人の害が大きいが、無関係な人を巻き添えにしている行為であり、立派な暴力です。また、害の度合いは個人差があるので、場合によっては倍増する。あくまでも物質的の違いであり、実害の差ではない。


>撲滅すべきは煙草による迷惑であって、煙草そのものではないのである。

同感です。だからこそ、貴方のような喫煙者中心で、他人の事を全くわきまえない、迷惑行為及び思想を撲滅すべきです。
Posted by やすっち at 2007年11月09日 01:04
タバコ問題にしても、愛煙派、嫌煙派、無関心派いろいろ居るのが当然であってお互いに迷惑かけなければそれでいいじゃないかが基本で、いろんな価値観が併存できる社会のほうがふつうは健全だ。

なのに世の中は、「合法な嗜好品」であるタバコに対して、ますます極端な弾圧一辺倒になりつつある。何度でも言うが「タバコは合法な嗜好品」で少し前まで今のような意見はひとつも出ていなかったのが現実。
タバコがそんなに依存性があって体に有害であるなら、もっと厳しく法律で規制すればいいだけの話だ。


データ的にも喫煙者人口が、劇的に減少している欧米などの先進国でも、肺ガンによる死亡率は、
日本よりも、大幅に高い数値を保ったままである事実。
そして最も喫煙率の高い日本で、肺ガンの発生率が一番低い。しかも、平均寿命は世界一。
こういう結果が出ていては、「タバコと肺ガンの因果関係」を問うことの方が、難しいのでは?

彼らの主張は「韓国での従軍慰安婦問題」とソックリ同じで勝手に問題視をして騒ぎ立てる手法だ。
いままで何も問題視されていなかったところに、売名行為にも似たある学者や先生?作家などが発表した
「ひとつの根拠の乏しい学説?」を自分たちの欲求不満解消の手段として、過剰に賛美して、
あげくに反論する冷静な人達にヒステリックに攻撃を仕向けるが、次第に呆れられる事に気づかない。
残念ながらアタマが悪いのでうまく政治(アメリカ、北朝鮮、朝日新聞)に利用されている可哀想な人々。

タバコをヒステリックに批判する嫌煙者の面々の口調はどこか嬉々としているように感じてならない。喫煙バッシングのなかには少なからず、「これまでのさばっていた邪悪なタバコめを成敗してやるわ」というカタルシスが含まれている。端的に言えば、嫌煙者は「世の中に不満を持った人々」が「アメリカからの輸入された操作された世論」に乗っかり一見正しいことを主張している。
たしかに自らが正義の座に居るという自己肯定的感情は、これ以上無い強力な快楽を感じさるのだろう。

そう「絶対的悪を憎む快感の共有による連帯感の強化だ」と。
(誰かが言っていた、これはワイドショーの開発した人間の快楽のツボの一つである)

そこでカタルシスを得て、さも自分たちが偉い人になったと勘違いし変な方向に走っている方々の多いこと
特にココのサイトに巣くう何人かの常連さん達は正直言ってかなりキテますよ!
Posted by 異論 at 2007年11月12日 12:17
>残念ながらアタマが悪いのでうまく政治(アメリカ、北朝鮮、朝日新聞)に利用されている可哀想な人々。

JTの策略にまんまとだまされて接収されるほうがはるかに哀れだと思うが、ちなみにJT幹部の大半は政府の天下り役人だよ。


>いろんな価値観が併存できる社会のほうがふつうは健全だ。

なら、煙草が嫌いという主張も認めるべきだろう。あなたの主張は健全じゃない。


>何度でも言うが「タバコは合法な嗜好品」で少し前まで今のような意見はひとつも出ていなかったのが現実。

単に煙草を避ける権利が社会的に認められなかっただけだ。それを無視し続けた結果、多大なる反発を招いたわけだ、因果応報ってやつよ。


>こういう結果が出ていては、「タバコと肺ガンの因果関係」を問うことの方が、難しいのでは?

害は肺がん以外にも腐るほどありますが、ちなみに受動喫煙という一方的な弊害を強制させる以上、かもしれない的な理論はあまりにも浅はか。絶対的な安全性を保障しなければ誰も納得しない。

あなたの理論では、同じ合法的な嗜好品であるお酒においても、飲酒運転を肯定するタイプだな。


>たしかに自らが正義の座に居るという自己肯定的感情は、これ以上無い強力な快楽を感じさるのだろう。

大勢の他人に平気で迷惑をかける受動喫煙という暴力を無差別に行いまくる、残虐的快楽よりは、はるかに健全だと思うが。
Posted by やすっち at 2007年11月12日 15:13
それと、煙草と肺がんリスクに関してだが、
わが国では現実に肺がん患者に喫煙者が
圧倒的に多い、その統計を無視することはできない。

それに対して、アメリカの事例の場合は、
他の環境的要因が関わる可能性もある。
国土も生態系も全く異なる国なのだから、
一概に煙草の害によるものかを判断するには、
あまりにも根拠が薄いといえる。

ちなみに、外国の煙草業者の多くは、
煙草は吸わないそうで、「あんなものは
貧乏人etcに吸わせればいい」という
話を聞いたことがある。
Posted by やすっち at 2007年11月12日 15:21
下らない英語の書き込みに嫌気がさしてしばらく退場してましたが、皆さん、お元気ですか?

「異論さん」もお元気でしたか? お久しぶりです。時々スパッと切れのいいコメントで、なかなか、いいですね。

はなこさんも体調はいかがですか?
kazさんもお仕事、がんばってますか?

さて、最近喫煙肯定派の意見が又載ってたんですね?
なかなか、理解力の無い方でやすっちさんが「適当にお相手する」のもわかる気がします。

ところで、誰でも嫌な事されたら、迷惑なの、わかりますよね、異論さん?

「オレは人を殴って苦しむ姿を見るのが趣味だ」って人がいて、あなたを殴ってきても、あなたは我慢しますか?

たばこは明らかに人に迷惑をかけてます。
だから、箱にもそうかいてありますね。
周囲に迷惑をかけるなと。

難しい言葉を並べて優越感に浸らなくても、たったそれだけです。

それがわからない無神経なやつが多いから、色々いわれるわけです。

わかりました?
Posted by けんたさん at 2007年11月12日 18:11
あぁ、それと「タバコが悪いんじゃない、吸ってる人が悪いんだって理屈」

よく聞きますね、それ。

車が悪いんじゃない、酒飲んで運転するやつが悪い。      ◎!

麻薬が悪いんじゃない、それ吸って事件起こすやつが悪い。   ?

痴漢が悪いんじゃない、触った右手が悪いだけだ。      ?

屁理屈も過ぎるといけませんね。 
喫煙を肯定する人はそのうち「KY」になるでしょう。

女子高生が使ってただけかと思ってたら最近は会社とかいろんなとこで使われてるみたいですね。

KY・・・・空気の読めない人

わかりましたか?
  


Posted by けんたさま at 2007年11月12日 19:10
まるまるさん、はじめまして!
職場でのハラスメント、そんなんで負けたらあかんわ!

人生をボケどもの吐いた煙で台無しにされるなんてばかばかしいやろ?

そこでエネルギーロスは良くないので、次の職場で、パワーを発揮してください!

応援します!
Posted by けんたさま at 2007年11月12日 19:16
まるまるさん、私からもはじめまして。
けんたどの、おひさしゅう。

まあ、喫煙擁護者は、喫煙の有害性を証明する疫学的なデータを、見て見ぬふりをしますから(笑)

煙草業者の幹部では、喫煙者は少ないそうですね。
売るのと吸うのは、別と言うことですよ。
喫煙は、愚かな喫煙者に任せておけばよいのです。

某煙草メーカーが、ある途上国政府にこういう提案を行って、スキャンダルになったのは、喫煙者は知らないのかな?:

「煙草を売れば、喫煙者たちは早死にするから、
高齢者福祉のために使用する予算を削減できる。」
Posted by kaz. at 2007年11月13日 00:15
喫煙が合法だなんて、何か勘違いしている人がいるけどね。

裁判の判例でも、受動喫煙被害をこうむった人による、損害賠償請求権は認められているんですよ。

つまり、喫煙者による受動喫煙被害の発生は、不法行為であることが認定されているのです。

損害賠償請求権というのは、法的には不法行為によって生じた損害に対してのみ、認められるのですから。

それとね。喫煙率の低い欧米での肺がん発生率が高い、日本では喫煙大国だが長寿国だとニコチン中毒患者が主張していますが、まず、ニコチンで、彼の認知能力が歪んでいると言う点を差し引いて、その主張を吟味する必要があるでしょう。

まず、日本の長寿には、喫煙者は、1mg も貢献していません。むしろ、肺がん患者に閉める喫煙者の割合は、日本国民全体に占める喫煙者の割合より、高いのです。こういったことは、さまざまな疫学調査でも、明らかになっています。

肺がんのみならず、受動喫煙によっても、呼吸の抑制、狭心症、動脈硬化の発生リスクが高まることが、疫学的に確認されています。

こういった科学の成果をまったく尊重しない喫煙者に必要なのは、やはり、禁煙に向けた保険治療でしょう。アル中と同じで、薬物中毒からくる認知のゆがみは、治療が必要なのです。
Posted by kaz. at 2007年11月13日 01:21
やすっちさん、けんたさま、kaz.さん、お疲れ様です。

ここは、弱煙者及び嫌煙家のオアシスであって欲しいのに、余計な人たちが来ると本当に嫌ですよね。

難しいことは私にはよく分かりませんが、願いはただ一つ、この世からタバコの煙の粒子がなくなってほしい、これに尽きます。
Posted by 刹那 at 2007年11月14日 21:55
みなさま、こんにちは。
私事ですが、本日より仕事に復帰しました。
幸い、早期の非浸潤性のもので、乳房温存術を受け、今後は局所療法として「放射線療法」を、全身療法として「ホルモン療法」を受ける予定です。
乳がんと喫煙(特に受動喫煙)との因果関係が研究によってエビデンスが確立してきている今、今回の乳がん体験は自分に与えられた使命であると感じています。早期発見のための自己検診やマンモグラフィの啓蒙だけでなく、喫煙・受動喫煙の危険性を多くの女性に知ってもらうためにも、がんばりま〜す。
Posted by はなこ at 2007年11月15日 16:47
現在多くの医療機関において、館内禁煙はもちろん、敷地内禁煙になっている所も増えてきていますね。(当たり前なのですが)
人間ドックを受け、乳がんと診断された某私立医科大学病院も、結構早い時期に敷地内禁煙を実施しました。なので、受動喫煙の被害に遭うこともないだろうと、安心して受診したのですが、なんということでしょう、主治医になった医師が「私は喫煙者です。依存度も高く、止める気もない」と堂々とタバコ臭い息を吐きながらのたまうのです。さらに、放射線技師の中にも喫煙者が多く、造影剤を使ったCT検査の時に、技師の身体についたタバコの有害物質で顔などが痒くなり、ボリボリかいていると、造影剤の副作用と心配してさらに密着してきて、思わず「タバコを吸われますか?タバコアレルギーがあるので痒くなったので、造影剤には関係ありません」と説明しなければいけないことに。敷地内禁煙なのに、どこで吸うのか気になり、聞くと、「休憩時間に敷地外に出ては吸っている。みんなそうしている。」と平然と答えるのです。このような人たちに出会い、医療従事者として健康に対する認識の甘さに愕然としました。こんな低レベルの病院でとても手術は受けられない!その後、勿論他の病院に変わらせていただきました。
Posted by はなこ at 2007年11月16日 08:55
>はなこさん

酷い医師がいるものですね。
迷惑喫煙行為を堂々と肯定する
医者もたまにいますし、
医療従事者失格としかいえません。

医療においては、清潔さが大原則であるのに、
煙草臭いまま勤務に当たるなど言語道断です。
例え喫煙するにしても、
勤務前は厳重に着衣の洗浄などの、
基本的な配慮が全くないことを
意味することであり、
不衛生さを明らかにしているといえそうです。

勤務の合間に喫煙し、そのまま
何もせずに医療に当たるなど、
大馬鹿にも程があります。
Posted by やすっち at 2007年11月16日 10:33
煙草業者の幹部の本音:

「私たちは煙草を売るだけだ。吸うのは、女・子供・黒人、そして、バカな奴らだけだ。」

これは有名なセリフですが、売っている側からすれば、喫煙と言うものは、こういうものなんですよ。

正論さん、異論さん、各論さん、煙草・喫煙を擁護しても、良いことはないですよ。肝心の煙草メーカーからも、内心では軽蔑の眼で見られていると思いますよ。あなたの、煙草会社による洗脳が、早く解けることを祈っております。
Posted by kaz. at 2007年11月22日 03:24
この荒らし、本当にどうにかして欲しい。

だんちょさん、たまにはブログ管理して、こういう荒らしはアクセス禁止にしてください。
Posted by 刹那 at 2007年11月22日 11:58
正論の主張を見ていると、アル中患者や、その家族に見られる、認知の歪みと言うものに思いをはせざるを得ない。

>たかがタバコ

この考えは、まさに、タバコによる健康被害が厳然として存在しており、それが無視できない状態であるにもかかわらず、それを自己の脳内で矮小化してしまう、「否認の病気」の一種だ。この現象は、アル中患者や、その家族にも見られる。アルコールによる害が存在して、無視できないものになっているにもかかわらず、「たかがアルコール」と決め付けて、その害を矮小化してしまう。

正論は、タバコそのものによる害を撒き散らすにとどまらず、受動喫煙で苦しむ人が集うブログを荒らしまわって、二重に被害を拡大させている。
彼の言動を見る限りでは、「逆切れ喫煙者の暴言」以上の印象を持ち得ない。やはり、喫煙者時代に受けたニコチンによる脳のダメージがとれず、認知のゆがみが矯正されていないのであろう。
Posted by kaz. at 2007年11月22日 12:08
私からもだんちょさんにお願いします。正論・各論・異論と称する荒らしは、不愉快極まりない。このブログの美観上からも、彼の投稿は削除してもらいたいです。
Posted by kaz. at 2007年11月22日 12:16
正論、異論、各論=同一人物様
社会の中で不遇か・・・・

確かにそうですね。
朝から晩まで患者の応対に追われて、具合が悪いと決まって「直りますか?」と聞かれる。

俺たちは神様じゃない。だけど仕事柄、相手に耳痛いことも言う。
治療して治ればよいけど、一生懸命やっても訴訟さえされたりする。
割に合わない仕事で、確かに「不遇」だ。

肺がんのリスクは腐るほど言って聞かせているけど、手遅れの人を見ると徒労感だけが、漂う。
「おまえ、バカ?」って思うほど、あなたが思う以上に無茶苦茶なことをしてきて病院に救いを求めてくる人がなんと、多いことか。
そうなる前に何で気をつけなかったの?と。
 
人類が作り出したものに人類が苦しめられ、かたや儲かり、かたや知らず知らずに苦しんでいく。


正論さんはタバコ吸わないわけだから、ある意味俺たちと同じなんだな。
ただ、それを気にせず、生きるかそうじゃないかの違いだな。

とてもこのコメント参考になったよ。
帰宅間際に急な患者さんが来ても、家族との時間を犠牲にして診て来たけど、確かに人の長年にわたる(飲酒、喫煙などの)不摂生を言ってみても仕方ないな。。。。

実は最近管理人不在状態で少しここを見ても張り合いがなく、ただの、ののしりあいになってた感がある。

正論さん、あなたの意見はある意味正しい。
オレの言ったことであなたが不愉快な思いをしたのなら、大変申し訳なかった。あやまろう。

ただ、人はいつどこででも、突然調子が悪くなることがあり、そうなると調子が良かったときに思いもしないような行動や思考になることがある。
それをわかってくれ。
彼女はうつを武器にして言ってるわけでは決してない。
人の病状を笑いや非難の種にするな。
人の家に爆弾を投げ込んで笑うような人間じゃないんだろう、論さんは?

おまえもオレも年寄りになったら若いやつにヘボ呼ばわりされる日が来るかもしれないしな。

kazさん、ブログ立ち上げることがあったら教えて。

はなこさん、刹那さん、面白がって書き込んでるだけで、論さんの言うことにカッカしたら相手の思う壺だ。

やすっちさん、同じ匂いの人間なだけに・・・・お互い言葉には気をつけて生きよう。私もそれで何回も失敗してきたから。

だんちょさん、お仕事忙しいみたいですが、たまには更新を。

では、さようなら。
Posted by けんた at 2007年11月22日 12:38
はじめまして。依頼があってここを拝見させて頂きました。

お名前だけの書き込みの方はどなたか特定することは困難ではございますが、ネット上にブログ等をお持ちの方はそれを名指しして非難することは人権侵害に該当するおそれがあります。

喫煙者を非難することは場合によっては侵害にあたる場合もありますが、このなかでは特に特定の喫煙者を非難していると思われる部分はありません。
今後もしこのような特定された形での非難や中傷が継続する場合、訴追されることがあります。

その点を充分ご留意頂ければと思います。
Posted by はじめまして at 2007年11月22日 20:37
管理人のだんちょです
すっかりほっぽりっ放しにしてしまったことにより
いつも来てくださっている皆さんに大変なご迷惑をおかけしてしまいました
本当に申し訳ありません。


一部の書き込みを削除させていただきました。

喫煙者擁護や嫌煙・反煙に反対する意見を締め出すつもりは毛頭ありませんが
今回の書き込みは明らかに人を不愉快にすることだけを目的としていました
人の意見に対しての非難・中傷、そして相手の心を傷つける暴言
このような書き込みはおやめください


kazさん、けんたさん、はなこさん、やすっちさん、刹那さん、まるまるさん
いつもありがとうございます

ズボラで面倒くさがり屋なので
更新しようと書きかけては途中で投げ出してしまいます
完璧に管理人失格状態ですが
タバコ問題を何とかしたいという意識だけは持ち続けています
これに懲りずにまた来て下さい
Posted by だんちょ at 2007年11月23日 10:42
>喫煙者を非難することは場合によっては侵害に
>あたる場合もありますが、このなかでは特に特定
>の喫煙者を非難していると思われる部分はありません。
>今後もしこのような特定された形での非難や
>中傷が継続する場合、訴追されることがあります。

それは、非喫煙者に対する非難や中傷についても同様でしょう。少なくとも、喫煙者に対する我々の非難は、もっぱら公共の福祉のためであって、個人攻撃ではありません。

>ネット上にブログ等をお持ちの方はそれを名指し
>して非難することは人権侵害に該当するおそれが
>あります

ですから、今回、名指しで中傷された我々は、管理人様に、その記事の削除をお願いしたのです。
Posted by at 2007年11月23日 13:24
だんちょさん、お久しぶりです。
荒らし記事の削除、有難うございます。

私の身の回りの喫煙者さんたちも、
「タバコは体に悪いとわかっているが止められない」
と、何人かがこぼしています。こういう人たちは、精神面ではむしろわれわれに近く、健康でしょう。しかし、ニコチンによる離脱症状に耐えられず、つい、タバコに手を伸ばしてしまうようです。

こういう人たちに対するケアと言うものが、これからは必要になってくるのでしょう。そういう意味で、禁煙外来なるものを設置するのは、私は、大賛成です。

むしろ問題は、タバコ・とりわけ受動喫煙の害を過小評価し、周囲の善意・無過失の人間に、有害なタバコの煙を吸わせている人たちです。こういう人たちこそ、権利の侵害をしているのですから、法律で取り締まってほしいと思います。
Posted by kaz. at 2007年11月23日 13:39
何故荒れたのか?
荒れるには理由があるはずです。

理由が分からないと・・・・・
同じようなことの繰り返しになってしまうでしょう。

Posted by nakata at 2007年11月23日 19:54
だんちょさん、久しぶりのコメントありがとうございます。

それから、荒らしの削除、大変ありがたいです。

だんちょさんのこの神聖なるブログをこれ以上汚したくないので、自分のブログで怒りを爆発させていただきました。

だんちょさんは、完璧に管理人失格などではなく、記事に対して完璧主義すぎるのだと思います。

もっと気楽に記事を載せて、コメントも管理して、そうしないとまた同じ荒らしの繰り返しになると思います。

確かに、私は家事と育児に追われる日々を送っていますが、だんちょさんよりは暇なんだと思います。

コメント・トラバは承認制にしてありますし、荒らしは今のところ一切ありません。

ブログの一貫したテーマも特に決めずに気楽にやっています。

育児をしているとどうしても引きこもりがちになってしまうので、ネットが社会につながれる唯一のツールと言っても過言ではない状態で、最近はすっかりネット依存症気味になっています。

それだけに今回の荒らしは悲しい出来事です。

これだけいろんな人が訪問するようになったのですから、もう少し行き届いた管理を切望致します。
Posted by 刹那 at 2007年11月24日 03:07
たびたびお邪魔します。
刹那さん、真夜中にこんばんは。

そうですよね。不特定多数の人が閲覧するネットワーク上で、荒らしは良くないですよね。

荒れた原因と言うのも、荒らす人がいるからに他なりません。

では、荒れないようにはどうするかと言うと、徹底した無視と削除が最も効果的なのです。
その点に関しては、管理人様が、最も大きな責任を負っているものと思われます
(決して、だんちょさんが無責任だと言っているわけではありません。むしろ、今回の荒らし記事削除には、感謝しております。)

そもそも、ネットワーク上では、荒らす人が100%悪いわけですから、だんちょさんには、これからも行き届いた管理をお願いしたいです。

あと、お願い続きで恐縮ですが、だんちょさん、やはり時々は更新してくだされ。このブログが忘れられたのかと、心配になってしまいます。
Posted by kaz. at 2007年11月24日 04:15
私は数学系統の研究者なので、ある数学者についてお話します。

その人は、フィールズ賞を受賞した、とある偉い先生のお弟子さんです。

数学の研究者としても、非常費に優秀な人です。

そして、悲しいことに、その人は、ヘビースモーカーです。

でも、私がその先生の研究室にお邪魔したときには、
その先生は、普段その研究室でタバコを吸われているのですが、少なくともそのときだけは、タバコを吸わず、
部屋を換気までして待ってくれていました。
(尤も、建物の中は、禁煙なんですけどね(笑))

ですから、喫煙者の中にも、このような気遣いのできる人がいると言うことです。

このブログ上では、私は、喫煙者に対しては北風のごとく意見を述べていますが、実生活では、やはり、相手の人格を尊重して、できれば禁煙の方向へと誘導してやりたいところです。それが、私なりの「共存」でしょうか。しかし、受動喫煙そのものとは、共存はできませんが・・・。

まだタバコに対する抵抗力が強い私ですから、こんなことが言えるのかもしれません。
もっと抵抗力の弱い人にとっては、タバコ・化学物質に対する過敏症は、死活問題ですね。

ですから、私は、そういう人たちのためにも、一人でも多くの喫煙者を、タバコの必要のない、非喫煙者にしてやりたいです。
Posted by kaz. at 2007年11月24日 04:29
はじめましてさん、はじめまして。
あなたの言いたいこと、・・・・これは次のような意味ですよね?

要するに、ネット上でブログとか持ってる人の個人攻撃をすると人権侵害になると。(私やkazさんはブログを持たないのでどこの誰やらわかりませんですもんね)

このサイトの人たちは喫煙者の攻撃はしてるけど、特定の誰かを攻撃してるわけではないと。


今後異論正論みたいな人が、個人の攻撃をすると訴えられることになりますよ、と彼らに警告してくれたわけですよね?

よく読むと、このサイトの人への警告ではなく、名指しして非難した、論たちへの警告をしてる文章です、これは。

読んでたらまた、ご説明を。
Posted by けんたさま at 2007年11月25日 14:07
だんちょさん、ご無沙汰です。
お元気だったようで何よりです。

もしかしてここにはもういないのでは?と思いながら登場を日々待ってました。

また思いつくところがあったら、更新してください。
削除するならしつこい英語の書き込みもお願いします。相手にしないのが手かもしれませんが、放置も良くないかも・・・。

人が腹を立てるようなことを故意に書き込んでその反応を見て喜んでるようなやつは、人間のくずです。

本気に相手してる人はここにはいませんが、レベルの低い暴言を置いておくとそういう場所だと思われて、模倣犯が来るのが嫌です。

今回のような愉快犯と模倣犯はその意見を聞いたり読んだりするだけ時間の無駄って感じでした。


Posted by けんたさま at 2007年11月25日 14:23
けんたさま、先日の書き込みで「では、さようなら」と結んでいたので、もうこちらに来ることはないのかと思っていました。
「復活」して下さっただけでもうれしいです。

私からも、英語の書き込みの削除、お願いします。

あと、だいぶ前の記事ですが、「Sadman」とかいう人に私の書いた記事をあれこれいじめられたので、それも削除してもらいたいです。
(そのころはバカバカしいので無視しましたが、すごく傷つきました。)
Posted by 刹那 at 2007年11月26日 01:06
こんにちは。

だんちょさん、私からも、お願いします。
英語の記事(?)は、意味不明で、こういうものを頻繁に、数多く投稿するのは、荒らし行為の一種と思われるので。あまり放って置かれるのは、良くないと思います。
Posted by kaz. at 2007年11月26日 12:17
だんちょさま、いつもありがとうございます。そしておつかれさまです。

kazさま、けんたさま、やすっちさま、刹那さま、まるまるさま、皆さまこんにちは。

今まで日常の様々な場面で攻撃を受けてきたので、結構打たれ強く平気(鈍感?)なのですが、殺那さまが仰るようにここは私にとってもオアシス的存在ですので、残念でした。

こちらで自分の思いを書き連ね、同じ思いを持つ皆さんの力強いコメントから活力をいただいてきました。感謝です。


>タバコ問題を何とかしたいという意識だけは持ち続けています

安心しました。その気持ちでまた気付いたことなどあれば、記事にして教えて下さいね。





Posted by はなこ at 2007年11月26日 12:30
皆さんいつもありがとうございます

半分ほっぽっていた感じのブログに
皆さんが来てくれて
維持していてくれた感じで
本当にありがとうございます

タバコ問題を何とかしたいという気持ちに変わりはないのですが
なんとなく無力感を感じていたのは確かです

皆さんのコメントは本当にありがたく
励みになりました

本日何とか更新することができました
これからはもっと気楽に
もう少し頻繁に更新できるようがんばります

皆さん本当にありがとうございます
Posted by だんちょ at 2007年11月26日 23:48
ご無沙汰をしています。

しばらく見ない間に予想通り蜂の巣を
つついたように大騒ぎになっていますね。

荒らしておきながらこんなコトを言うのも
なんなんですが管理人様の不在の中で
「喫煙者に対する単純な善と悪の二元論」で
一方を攻撃してお互いを思い遣る意識がない
意見がどんどんエスカレートしていく
このサイトを覗かせていただいて、
いくつか非常に不愉快な部分があったので、
あのような意見を述べさせていただきました。

その中で”けんた”さんのご返答は非常に
大人な対応で、こういうまっとうで落ち着いた
意見を述べられるとたちまち”荒らし”は
恥ずかしくなるモノです。


>人の病状を笑いや非難の種にするな。
 人の家に爆弾を投げ込んで笑うような
 人間じゃないんだろう、論さんは?

まことにそのとうりです。
この件についてはこちらの皆さんにも
謝罪をしたいと思います。

怒りにまかせた「思いこみの強い意見」ほど
みっともないモノはありませんね。
恥ずかしくて反省です。

ただここにこられている常連さんには
”ネットでのパブリックな意識”や
”公なスペースでのルール”を
忘れておられるように思います。

自分たちだけの仲間意識の議論が自由に
できるのは承認制、もしくはミクシィなどの
手段を使わない限り、自分に対するイヤな
反対意見や荒らしと思われる意見が出ることは
ある意味、内容から考えると仕方のないことです。

それは管理人様の言う”不特定多数の人が
閲覧するネットワーク上”だからです。
いくら個人サイトとは言えど「管理人」以外には
勝手に気にくわないコメントを削除することも
できません。これがネット世界での常識です。

現にこちらの方も「日本パイプクラブ連盟」の
「連載 喫煙コラム」を読んで
好き勝手な意見を述べています。
あそこも公なサイトですから気にくわない
意見に対してネット上でハンドルネームを使い
自分たちのサイトで好き勝手なことをいうのも良しです。

ただしネットという誰でもが閲覧できる”公”の部分で
議論や意見をコメントしている自覚が必要です。
自宅で友達同士、好きなことを喋っているのとは全然違います。
これがネットデモクラシーの基本なんですが・・・

やはり日本パイプクラブ連盟の人が
ココのサイトを見たら不愉快です。
貴方達が日本パイプクラブ連盟のサイトが
たまらなく不愉快なように。

不特定多数の人に向かって意見を言う
ネット世界では、自分たちの言っている不満が
そのまま裏返してみると自分たちにも
当てはまるという「単純な事実」だけを
ココの常連さんに気付いていただけるように
あえて”荒らし”を演じてみました。

もう一度、ご自分達のコメントを
読み返してください。
4〜5人での仲間意識での言葉使いに
なっていますよね。
まさか反対意見の人も閲覧しているという
意識が全然ないですよね。まして言葉使いも
あまり褒められたモノではナイですよね。
反論者にはよってたかって
のけ者にしていますよね。
自分たちは100%悪くないと・・・

削除コメントにあるように
私は喫煙者ではありません。

それでもこちらの方のコメントの中には
すごく不愉快にさせるある種の
”無垢な幼稚さ”が感じられます。

このサイトは自分たち”だけ”の
オアシスと思う傲慢さや無知さも含めて・・ 

こうやって昔から人類は不当に人を差別して、
都合良く「善悪」どちらかに分けて
相手に対する不満をエネルギーに代えて、どんどんと
エスカレートして「戦争」へと向かっていたんだろうな〜と
ココとパイプクラブのサイトを
閲覧していてなんとなく思いました。

善と悪のガチガチな二元論ではなく、
相手の事を思い遣るおおらかな姿勢が
お互いにない議論や闘いはやっぱり
不毛だと思いますがどうでしょうか?

長々とすいません。
管理人様がようやく(笑)出てきたので
これで私は退散します。
ネットとはいえど意見を述べることの
責任はやっぱ重いですよね〜。

たかがネット、
されどネットですね。

それでは、さようなら



Posted by 正論 at 2007年11月28日 08:41
正論さん、あなたが如何に言い訳をしようと、
あの荒らし行為は不当です。
それが演じられたものであっても不当です。
そういうあなたに、ネットワークリテラシーを語る資格はありません。

一方で、我々の喫煙者批判は、もっぱら、公共の福祉のためであり、法的には何の不当性もありません。
だから、不特定多数の人たちの集うブログ上で、
法的・道義的に正当な意見を述べているだけです。

その最大の目的は、喫煙者が有害物質を撒き散らし、一方的に他人の健康を害していると言う問題を啓発するためです。
これは、喫煙者に対する不当な差別ではありません。

もし、この目的を不当ないしは、不愉快であると主張するのであれば、あなたの考え方が不当であり、不愉快です。

日本の法律では、他の人に加害行為を行うのを不法行為であると定めております。
喫煙者の人たちに、そのことを自覚させるのが、我々の役目であると思います。
Posted by 超正論 at 2007年11月29日 01:43
正論さん!退場しなくていい。

あなた、ただ寂しいだけでしょ?

喫煙して無いなら、私たちと同じじゃあない?

あなたもここにいて読んでれば煙に苦しむ人たちの本当の姿が見えるから。



ここにいる人たちは・・・・みな良い人たち、あなたを受け入れてくれるはずです。

Posted by 私も寂しがりの孤独人間 at 2007年11月30日 14:45
>正論氏

諸事情で長らくネットにアクセスできずにいたところ、ご光臨されたようですね。

インターネットの世界において、気に入らない意見を目の当たりにしたり、対立することがあるのは、当たり前ですね。それは、あなたのおっしゃるとおりです。

反対派の意見が、そのまま書き綴られ、それに対しても、不愉快な思いをする人がいるのも、当然といえるでしょう。

ただし、あなたの主張は、それを利用して、必要以上に自論を無理やり正当化しているに過ぎません。

まず、こちらが煙草が苦手な人にとっての、オアシスとなっていることについてだが、そうなった原因はあなた方喫煙者側にあることをわきまえてないから、そのような主張ができるのですよ。

そもそも、日本社会においては、あまりにも喫煙者を優遇するあまり、喫煙者側の自分勝手が正当化されすぎている。ネット社会以前に、この状況を作ったのは君たち喫煙者の責任なのだ。

あと、パイプ何々の常連にとって、不愉快な内容と勝手に決め付けるのも、喫煙者視点で考えても、自分勝手だよ。私が仲良くなった知り合いにも喫煙者はいるが、あなたのような喫煙者主観の我侭な態度を見たら、激怒しますよ。文化としての煙草を単なる暴力の種にした近代の状況を嘆くことが多いです。

信じる信じないは、勝手にしてもらいますが、喫煙者全てが、あなたのように吸う権利だけを考える暴君と決め付ける短絡さにおいて、気分を害する人たちも存在するのです。嫌煙者を除いてもですよ。

あと、mixi等は、個人サイトと違い、この手の意見衝突がない様に言及しているが、それはとんでもない勘違いです。個人サイトほど可能性はないだろうが、制限した世論でも、衝突することは稀にある。

意見の衝突は必然であり、起こりうるもの。しかし、それに対しての対応で、今後の自分自身の評価が大きく変貌することも、忘れてはならない事実。少なくとも、反対意見の立場に立って、物事を考える気概が全くないならば、あなたが評価されることは、永遠にありませんよ。

我々に自らの殻に閉じこもった状況を説明したいようですが、それが当てはまるのは、あなた自身です。
Posted by やすっち at 2007年12月03日 12:52
正論氏は、喫煙者ではないみたいですね。
見落としていました。失礼…。

しかし、喫煙者でないのなら、そこまで嫌煙者を
攻撃する理由及び信念の意図が意味不明に思える。

数多くの嫌煙者側の恨みを買ったのは、
明らかに喫煙者側の自業自得であり、
独善的なマナー意識や我侭に
とらわれない喫煙者を除き、
同情する価値もない身勝手な言論でしかないが、
それを肯定するだけの信念があるのか問いたい。

私自身も、喫煙者でもないくせに、
嫌煙者側の権利を無視して、喫煙者側だけ
擁護する暴君の卑劣な迫害に苦しみ続けているから、
そのような気持ちは良く分かるだけです。
不愉快だなんて生ぬるい感情じゃないよ。

あと、蛇足ですが、ブログなどを運営している
記入者に対しての人権侵害について思い当たる節があります。
こちらでの出来事や、たばこ問題とは無関係ですが、
目に余るブログなどに対する名指し的な
個人攻撃を警察に相談したことがありますが、
警察窓口が事実上、「ネット上の個人攻撃は意見です」
と言及し、人権侵害行為を言論の自由に無理やり
結び付けて、正当化したことがあります。

少なくとも、警察は金のある個人しか助けてくれません。
この問題で、私は改めて絶望しました。
この点に関しては、皆様お気をつけください。
Posted by やすっち at 2007年12月04日 01:32
流れたコメントのことについて、いまさらですが、
禁煙ファシズム闘争記の内容検索してみてみました。

別の某東大教授(別人)の件もありましたが、
改めて東京大学って馬鹿な大学?と思わされました。

それが、正直な感想で、どうしょうもありません。
頭の悪い教授ばかりで恐ろしいです。
現に、大学卒の人には、学歴だけで仕事は何も出来ない能無しが目立ったりするので、経験上…。

すみません、一部話が脱線してしまいました。
私は大学教授が頭がいいとは全く思っていません。
頭がいいと思い込んだ思い違いがほとんどだと思ってますので、
議論において正面から叩き伏せてやりたいと私は思ってきますね。
Posted by やすっち at 2007年12月10日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。