2006年07月22日

相手を傷つけている……

先日数人でお酒を飲んでいたところ
隣の席に男女二人ずつの若いグループがやってきました
男性二人は席に着くなりタバコに火をつけます
「あ〜ぁ喫煙者がとなりに来ちゃった」
とがっくり来ましたが

文句を言えるはずもなくそれとなく見ていました

ど〜も知り合ってそれほど経っていないようです
(よけいなお世話!)

彼ら二人はひっきりなしにタバコに火をつけるんです
女性二人は吸わないのに

タバコを指に挟んだ手でグラスを持ってみたり
咥えタバコで会話してみたり

かっこつけ?
手持ち無沙汰解消?

それがどんなに相手の女の子も、自分も傷つけることになるのか
彼らは知識として持っていないのでしょう
タバコ=カッコイイ?

タバコ産業への怒りもさることながら
なぜ国はこういう状態をそのままにしておくのか
なんともやりきれない気持ちでした

posted by だんちょ at 19:50| Comment(5) | TrackBack(1) | 受動喫煙被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

受動喫煙と家族

佳奈子さんのブログに受動喫煙の被害が原因で
家族との関係に悩み、苦しんでいる記事があります
http://ameblo.jp/kanakanaberry/entry-10012098665.html

親の喫煙によって自分自身が病気にかかったり
自分の知識のなさから家族を病気にしたり
友人の家族が受動喫煙をしていたり

身のまわりにそういう問題が起こっていると
マナーだとか、一人で勝手に吸って勝手に病気になってくれ
なんてことは言っていられなくなります

タバコに害があることを知識としては知っていても
「自分だけは大丈夫、病気になんかならないし、受動喫煙なんて騒いでいても自分の家族には大した影響はないだろう」

自分や周りの人がタバコが原因と疑われる病気になったとしても
「たまたま病気になったけれど別にタバコが原因じゃない、オレより長い間オレよりいっぱい吸い続けている人が病気になんかなっていないじゃないか」

ニコチン依存症にかかるとこんな考え方をしてしまいます
タバコを擁護し、喫煙の正当性をこじつける考え方をするのです

客観的に考えればどう考えてもタバコが良くない影響を及ぼしており
タバコをやめることによって良い効果が出る可能性が少しでもあるならば、迷わずタバコをやめるべきなのに……

やはり諸悪の根源はタバコなんだなと思ってしまいます

他人に対しては
マナーを守っていればいいとか、人に迷惑を掛けなければいいとかいっていても
身近な人はニコチンの魔の手にから救いたいし
その家族も病気になってほしくありません

タバコさえなければ……
本当にそう思います

posted by だんちょ at 21:03| Comment(4) | TrackBack(1) | 受動喫煙被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

何で吸えね〜の

会社の近所の居酒屋でお昼を食べました
帰りがけに「お昼ぐらいはここも禁煙にしてよ」
と店のママさんにお願いすると
2年近く前に一時期ランチタイムの禁煙を実施したのですが
反対意見が多く取りやめにした事があるので
再度の禁煙はなかなかできそうもない、との事でした

2年前から比べると喫煙に対する社会情勢も変わっているので
あきらめずに再度お願いしていくつもりですが

禁煙になったものを覆す
喫煙者の喫煙への執着にはいまさらながらあきれます

飲食店では吸えて当然、吸わせないやつが悪い!
そんな喫煙者の常識が通用しなくなる世の中が早く来て欲しいです
posted by だんちょ at 12:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 受動喫煙被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

喫煙者を説得したい

私の友人の話にたくさんのコメントをいただきました
ありがとうございます

コメントのお返事にも書きましたが
私は、娘が生まれた当時喫煙していました
当時からタバコが体悪いとは言われており
子供の前では吸わない方がよいと言われていましたが
たいした問題ではないだろうと勝手に思い平気で吸っていました

娘が2歳のときにタバコをやめたのですが
娘は喘息を患いました

妻も私も小児喘息の既往症があったので遺伝なのかと思っていましたが
(私の父も妻のお父さんも喫煙者でした)
娘の喘息は、私のタバコが原因なのは明らかです
娘には本当にすまなく思っています
幸い中学生になった娘は喘息の発作も出ないようになり
健康になってくれたようなのでホッとしています

件の友人には以前から「タバコはやめたほうがいいよ」とは言っていますが今回の息子さんの件について、タバコを絡めた話はまだしていません

喫煙者にタバコをやめさせようとすると
特にその喫煙者を責めるような話になってしまうと
喫煙者は決まって意地になるか開き直ります
こうなるともう手に負えません
「オレは吸いたくて吸っているんだからほっといてくれ」
「やめたくなったらやめる(いつでもやめられる)けどお前らに言われてやめたくない」
「オレはタバコが好きなんだ・必要なんだ」

ニコチンの魔力は恐ろしいです

うまく喫煙者を説得して禁煙に持っていくにはどうしたら良いのでしょう
本当に難しいです
以前喫煙していた私には、喫煙者の喫煙に対する言い訳や考え方が分かるのですが、今のところ良い方法は思いついていません

posted by だんちょ at 23:47| Comment(9) | TrackBack(1) | 受動喫煙被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

町長に質問メール

通勤で最寄り駅を利用する際
朝も夕も必ず歩きタバコをする人を見かけます
家から出てくるなりタバコに火をつける喫煙者
(家で吸ってから出て来いよー!)
改札を出るなりタバコに火をつける喫煙者
(頼むから家に帰ってからゆっくり吸ってくれー!)

私もできる事を少しずつでもやっていこう
そう思ったので町長に対してメールで問い合わせをしてみました
(埼玉の田舎なのでまだ“町”なんです)
わが町には「町長への手紙」というシステムがあり
意見・要望を町長に送ることができます
「要返事」の項目にチェックを入れ
路上喫煙禁止およびポイ捨て禁止に対する対策・条例の制定などの状況はどうなっているのか質問しました

返事が楽しみです。
posted by だんちょ at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 受動喫煙被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

結婚式の2次会

会社の後輩が結婚したので2次会に出席しました
こういう会では当然のように『タバコ呑み』はタバコを吸います
立食に近い形だったのでタバコを吸わない人たちで1テーブルを囲んだのですが
寄ってきて吸い始める『タバコ呑み』がいます
「ここでは吸うな あっちで吸え!」
と極力けむりを遠ざけていました
あまりタバコ臭さは感じないで過ごせたパーティーでしたが
家に帰ってきてみるとやはり洋服がタバコ臭い!

あれだけ『タバコ呑み』に嫌われながら主張したのに
これだけタバコの臭いにまとわりつかれるとは……
posted by だんちょ at 23:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 受動喫煙被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

JRのホームでの受動喫煙

仕事で頻繁にJRを利用しますが
ホームにある喫煙所にはいつも閉口させられます
たいていホームの端のほうに設置してあり
なるべく吸わない人に迷惑にならないようにということなのでしょうが

その近辺から乗りたい人はどうすればよいのでしょう
喫煙者の権利のために喫煙所を設けているのだから
わざわざ近くに寄ってこないで他のところから乗れという事なのでしょうか

路線にもよりますが
端の方の車両の方がすいている事が多いので
長い距離を利用することの多い私は
ホームの端で電車を待つことが多いのですが
私に対しての嫌がらせではないかと思うくらいそばに喫煙所があります

「室内空間以外の喫煙は灰皿があれば文句ないでしょ」
これって『タバコ呑み』どもが平気で路上喫煙するときの考え方と一緒ですよね
posted by だんちょ at 21:29| Comment(6) | TrackBack(1) | 受動喫煙被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。